読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんたくのひとりごと

ひとりごとです。感じたことだけをただ気ままに書きます。

にゃんたくのやわらか就活 ~面接で大事なのは、そう笑顔だけ~

どもどもにゃんたくです。

 

そろそろ4月も終わりに近づき、待ちに待ったゴールデンウィークが近づいております。

 

僕はと言いますと、最近は社会人2年目ということで、1年目の新入社員の方々と交流する機会が増えてきています。

知識も頭も僕より断然デキる人たちばかりで非常にうらやましいなと思う反面、もっと僕も勉強しないとという気持ちにさせられます。

 

って!そんな僕の近況よりもブログ内容ですね!!!Σ(´∀`;)

今回はそう!!!いよいよ『面接編』でございます。

大きくわけて2つの構成(準備編、本番編)で今回はまとめます。

ちなみにこれらは全て一次面接~最終面接まで毎回実践していました。

 

ではではいってみましょー!

☆準備編☆

面接の前日ってすごーく緊張すると思うんです。

もちろん僕もそうでした。

緊張するといつもの自分とは違う行動をとってしまったり、いつもそんなミスしないのに!ってミスをすることってあると思うんです。

だからこそ色々準備しておくことが大事だと僕は思ってます。

 

①受験票など印刷

これ非常に大事です。

もちろん手書きでも大丈夫といってる企業もありますが、出来る限り印刷して持って行きましょう。

持って行かないは論外。持って行かなかったり忘れたりしたら確実に落とされると思っていいと思います。なのでコレはしっかり準備し印刷したらすぐに持っていくカバンにに入れてください!!!


②会場アクセス方法の確認

面接のフェーズまで進んでいれば会場まで1回は行ってるのでアクセス方法わかってるかもしれませんが、しっかり確認してください。

また、面接フェーズまでは別会場の場合の選考もあるのでね。

当日アクセス方法がわからなくて遅刻した!とかにならないようにしましょう!


③ホームページ、新卒採用ページの確認

面接本番で聞かれそうな内容(会社の概要やポリシー、主要サービスや仕事内容等)を見なおしておくといいと思います。

特に新卒採用のページには面接で聞かれそうな内容のヒントがあったりもします。

是非見なおしておきましょう。

&選考についての情報(例:選考延期や時間変更等)も更新されていないかチェックしましょう!


今まで書いたメモ、履歴書の見直し

説明会や面接までの選考までに書いたメモ内容を見なおしておきましょう。

HP等には書かれていない社員の「生の声」の内容が面接中に役立つこともあります。

また、履歴書ですが、企業はエントリーシートや履歴書の内容から「この人はこんな人だから、こんな質問をしてみよう」と思ってると僕は考えていました。

いうなれば面接のカンペ、ですよね。

だからこそ自分で書いた内容をもう一度見なおしておくことが大事ってわけです。


頭の中でシミュレーション

③、④の内容を踏まえてなんとなくでいいので面接開始から最後までこんな感じかなってシミュレーションしてみましょう。

もちろん声に出して、恥ずかしがらずに!

シミュレーションをやることで自分ではきづかなかった事などが洗い出されると思います。ぜひやってみてください( ´∀`)bグッ!

 

好きなことしよう!

ここまで終わっても緊張した気持ちは抜けないと思うので、絶対好きなことしてください!音楽聞いても、ゲームしても、友達と話してもなんでもいいので好きなことしてください。そして夜更かしせずにサッと寝るように!

 

ここまでの準備をしたら、もうなにも怖がることはありません!

さて!いよいよ本番!がんばってのぞみましょう!!!

 

☆本番編☆

 

時間に余裕をもって出発!&身だしなみチェック!

準備で会場までのアクセス方法を調べていれば自ずといつまでに家を出ればいいか、会場を掛け持つ場合も、いつまでに会場につかないといけないか…これはもう言わなくてもわかりますよね。

そして、身だしなみチェック。

髪の乱れ、ボタンが外れてる、スーツの襟が立ってる…等、いつもの自分ならチェックできてるとこをもう一度鏡の前でチェックしてみてください!

 

では、いよいよ本番!!

 

挨拶は明るく元気よく!

声を出す、って心や気持ちの切り替えになると思います。

緊張してる気持ち、不安な気持ちを大きな声を出して挨拶して少しでも切り替えてください。

もちろん、印象も良いと思いますしね( ´∀`)bグッ!


覚えたことは忘れる覚悟で

いろいろ準備して覚えて面接にのぞんだかと思います。

ですが!!!

緊張するとほぼ100%覚えてった内容なんて忘れてしまうもの。

だからこそ、忘れたとしても焦らないでください。


言葉使いは「ていねい」に

緊張すると、③にも書きましたが、忘れたり、パニックになったりしてしまうことってあると思います。そしてそこで追い打ちかけるように言葉遣いどうすればいいんだっけ!とか考えてどんどん負のループに入ってしまいますよね。

だからこそ、言葉遣いについては、話し口調じゃなければ良いと僕は思っています。

なので、とにかく「丁寧な言葉づかい」さえ気をつけていれば良いです。

失礼にならないように、それだけは守りましょう。

 

正直、誠実になろう

質問で用意していた内容ではないことを聞かれることなんてザラです。

自分には理解できない、わからない、知らないことも聞かれると思います。

そういう時は、自信を持って「わかりません。」「知りません。」って必ずいいましょう。

でも、もちろんそれに一言添える。例えば面接終わったら調べてみる、とかそういうことを付け加えてみるのもいいかもしれませんね。

 

僕もとある会社で面接を受けた時に、その会社で扱ってる具体的な製品名でどれがいいか?と言った質問をグループ面接でされたときがありました。

準備はしていたのですが、まさかそこまで突っ込まれるとは!?と思ったのですが、しっかり「正直、御社の製品で具体的にどれが良いかまでしっかり調べきれていれず申し訳ございません。しかしながら、御社のサービスとして・・・(説明会の時に先輩社員が言っていた興味のあるソリューションについて)」という話に切り替え対応したところ次の選考に進まさせていただいた経験があります。その時グループ面接にいた他の二人の就活生が具体的な製品名を上げたものの見当違いなことを行って次には進めなかったとかなんとか…

 

 

笑顔!!!

いろいろ言ってきましたが、とにかく終始笑顔でいてほしいです。

ニヤニヤ、じゃないですよ笑、笑顔です(∩´∀`)∩

どんなにきつい質問されても、どんなに内容を忘れても、笑顔だけは最初から最後まで続けてください。

絶対良い印象を与えると思います。

 

 

ばばばばーっと書かさせていただきました。

ここまで読んでみてどうです?

面接ってそこまで大変じゃないですよね???(んなわけあるかい!ってツッコミあるかもしれないけど笑)

 

面接の目的、それは、いかに短い時間で「自分の本心を知ってもらえるか」なんです。

本心を知ってもらえる前に、くだらないミスをして評価下げるのなんてもったいないじゃないですか。だからこそ、準備8割本番2割位の感覚でいて欲しいと僕は思ってます。

 

 

就活についていろいろ書いてきましたが、やわらか就活についてはこのへんで終わろうかと思ってます。

ただ、やわらか就活総集編として一度一気にまとめようかなとも思ってますけどね笑

 

結局どっちやねーん!!って話ですが、ここまでお付き合いしてただきありがとうございました!

今回もここまで読んでいただきありがとうございました!

 

ではでは(人´∀`).☆.。.:*・゚