読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんたくのひとりごと

ひとりごとです。感じたことだけをただ気ままに書きます。

「あなたのセキュリティ対応間違っています」辻 伸弘 (著)を読んでみた。

セキュリティ

どもども、にゃんたくです。

なんだかハロウィンを境に一気に冬が押し寄せてきた感じがありますね。さむいよ!

 

というわけで温かい飲み物でも飲みながら皆さんに読んでいただきたい本について今回は書いていきます。

あっ、本の具体的な内容には触れません。

本当にただこの本を読んだ僕の感想だけを書いているのであしからず。

 

coin.nikkeibp.co.jp

 

 

「あなたのセキュリティ対応間違っています」という言葉を聞いて、たぶん下記パターンのどれかをみなさんは感じるかと思います。


間違っているか、間違っていないかわからないな、不安だな。
間違っているわけないだろ!
そもそもセキュリティ対応ってなに?

 

では、この中でどのパターンの人に読んでほしいか。


正直全部です。
たぶん1000%ですけど、この本を読んで「全部知ってた」と胸を張って言える人は一人もいないと思います。
それだけ内容が「濃い」です。
ただ、読みやすい書き方、図の多さがその「濃さ」を感じさせず、セキュリティ初心者の方でも非常に読みやすい本になっていると感じました。

 


さてさてさて、いきなりですが僕が辻さんと一番最初に出会ったのはこの記事でした。


イケてるセキュリティ男子に、俺はなる!―ソフトバンク・テクノロジー 辻伸弘さん
http://enterprisezine.jp/iti/detail/5777

enterprisezine.jp

 

ちょうどこの記事が公開された頃、僕は就活中で、いくつかの企業の面接で「セキュリティの仕事がしたい(なんかイマドキだし)」等と話していたりしました。

就職活動も進み、とある企業の二次面接を受けていたときのことでした。

いつもと同じようにセキュリティ関連の仕事がしてみたいと言ったところ、たぶんその面接していただいた方々のなかでも一番えらそうな方がこんなことを僕に聞いてきました。

 

「セキュリティの辻さんという方を知っていますか?」

 

正直、僕は当時辻さんをまったく知りませんでした。

素直に「知りません」と答えると、「必ず知っておくように」と言われ、その面接は終了しました。

その帰り道、面接での緊張がやっと解け、面接内容どんなだったけかなと思い出したときに、「あ、そういえばセキュリティの辻さんって人が有名らしいな、ググってみるか」と調べた結果、たどり着いたのが上記の記事でした。

 

はじめてこの記事を読んだときに、こんなイケてる人がこの世にいるんだ!!イケてるセキュリティ男子とかかっこいい!!でも、an・anはねぇだろ!!と思ったことはいまだに覚えています。

 

まさか本当に辻さんがan・anの特集に載る日が、この2年後に来るだなんてこの時誰が信じていたでしょうか。

 

残念ながら、その企業から僕は「お祈り」されてしまいましたが、良いことを教えてもらったと本当に感じています。
その後、辻さんの連載記事やブログを読んでみて、知識があまり無い僕でもわかりやすいものばかりだと感じていました。
そして仕事をはじめて、わからないことがあって読む記事もなぜか昔読んだことのある辻さんの記事だったりして、、、いつでも、何度よんでも勉強になるなぁと不思議に感じています。


おいおいおい。
本の感想じゃなくて自分の昔話じゃねぇかよ。

(まぁそんな荒ぶらないでくださいよ笑(誰に言ってんの?))

 

つまり、辻さんの書いたものって、初心者が読んでも、ちょっと知識がある人が読んでも、上級者が読んでも、勉強になるということ。そしてそれが何度読んでも。

 

ではなぜそんなものが辻さんには書けるのか。

 

それは常にセキュリティ情報を追っかけて、

とにかくセキュリティが大好きで、

そして誰よりも「誰かのためになる」ことを常に考えているから。

 

僕はそう思っています。

この本はそんな辻さんの思いがぎゅっと詰まった本なんです。

 

 

辻さんの記事や連載がタメになるんだろ?

ネットとかで読める記事やブログを読めばいいんでしょ?

だって日経の連載のまとめでしょ?

この本を読まなくてもいいんじゃない?

って思う人もいるかと思います。

 

いえいえいえ、この本を読んで連載記事やブログ以外でわかることが1つあります。

 

それは辻さんの「人柄」です。

 

具体的には書きませんが、とにかくこの本を「はじめ」から「おわり」まで読んでみてください。
また、読み終わった後にこの本のAmazonレビューを必ず読んでみてください。
読みながら飲んでいた暖かい飲み物が冷めていても、たぶん心は温まると思います。

ちなみに僕はこの本を読み終わったときに、辻さんと出会えてよかったと心から思いました。

 

さて皆さん、読み終わった後、読んで身についたこと、面白かったなと感じたこと、自分だったらこう考えるなと感じたこと、本が面白かった、つまんなかった、とかなんでもいいので誰かに発信してみてください。


その一人ひとりの発信が、見えないだれかのセキュリティ対策につながると僕は思っています。

 

長くなりましたね。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ではでは。


あ、「わたしのセキュリティ対応間違っていました」って本をだれかが書いたら面白いかもね笑

 

 

あなたのセキュリティ対応間違っています

あなたのセキュリティ対応間違っています